TOP > バランス取り

バランス取り

■ターボのバランス取りって大事なの?
ターボは毎分約10万〜25万で高速回転しています。もしも、バランスが悪かったらどうなるでしょうか?
バランスの取れていないタイヤは振動が出てとても乗り心地が悪いですよね。ターボの場合でもバランスが取れていないと本来の性能が出ないばかりか、最悪の場合は破損トラブルへいたります。
昭和では2種類のバランステスターを使用し、新品以上に精度の高いバランス修正を行います。
■ローターASSY単体バランス
タービンシャフトとコンプレッサホイールを組んだ状態でのバランス取りです。
各部品は生産時にメーカーにてバランス取りがしてありますが、OH後の再組立時にはこのローターASSYによるバランス取りが必要となります。
昭和では、軽自動車用から大型エンジン用まで対応できるよう、2種類のバランスマシンを完備しております。
ローターASSY単体バランス
■センターコアASSY総合バランス
最終的に組立後、ターボへ実際にオイルを供給し圧縮エアでタービンを回し、総合的なバランスを確認・修正します。
当社のテスターではコンプレッサ側とタービン側の両側のバランス修正することが可能です。
また、オイルを供給するので同時にオイル漏れのチェックをすることが可能です。
センターコアASSY総合バランス

>> ページトップへ